女のナイトワークで高収入を稼ぐ方法

女性向けナイトワークで高収入を稼ぐ方法
Home » 女性向けナイトワーク » 女のナイトワークで高収入を稼ぐ方法
ribbon

女のナイトワークで高収入を稼ぐ方法

ここでは、女性が効率良くナイトワークで稼ぐコツについて、紹介したいと思います。
ナイトワークとは、キャバクラやスナックのような、男性を客層としたお店で募集されている仕事のことです。
風俗もナイトワークに該当します。
ナイトワーク求人の中には、女性向けの求人に特化したナイトワーク求人サイトがありますので、そちらを見ればたくさんの数の求人を確認することができます。

▼ 目次

ナイトワークで多いのがキャバクラのお仕事

その中でも特に稼げるのが、キャバクラのお仕事です。
キャバクラのお仕事は、今では若い女性の憧れの職業ランキングで上位に入っているらしく、人気のナイトワークとして有名となっています。
しかも、頑張れば、月にまとまったお金を稼ぐのも不可能ではない職業です。
そこで、キャバクラを初めてやる人のために知っておきたい稼ぎ方のコツについて説明したいと思います。

まずキャバクラには指名制と言う制度がありお客さんから指名を受けることでもらえる報酬単価が大きく変動します。
指名というのは、お客さんが キャストを選ぶことで、選ばれたキャストはお客さんを接客することになります。
指名には場内指名と本指名があり、場内指名とはお店に入って席に座っている時に、女の子を指名する事を言います。
場内指名をとると、その指名数に応じて報酬が上がります。
場内指名は基本的に女の子を変えることができる指名です。

一方、本指名は、お店に入る前にキャストを指名する方法のことです。
お店によっては、一度本指名すると、指名変えをすることができない制度をとっているところも多いです。
そうすることで、キャスト同士がお客さんを奪い合いするようなことが、なくなるからです。
キャスト同士の妬み嫉みが横行してしまうと、人が集まりにくくなるからでしょう。

キャバクラは本指名で高収入のナイトワークに

本指名をもらうと、給料に大きく反映してきます。
場内指名より本指名の方が報酬金の上乗せが大きくなるため、キャバクラで稼ぐためにはこの本指名を狙って行くことになります。
本指名を取るには、お客さんへの営業が欠かせなくなるため、キャバクラは思いっきり稼げる分、大変な仕事であるということは間違いありません。

指名をどんどん取れるようになると、給料はどんどん上がっていきます。
時給に反映されるようなのですが、通常なら3000円程度の時給のところなら、4000円、5000円、6000円と上がっていき、月に100万円を稼ぐことも夢ではなくなってきます。
ただキャバクラには、お店に出るための必要経費が必要になる場合もあるので、注意が必要です。
例えば、ヘアセットやドレスなどの購入や、レンタル費用などをキャストが負担するお店も多いので、この点は面接の時に詳しく訪ねておいた方がいいでしょう。
ただ、こうした必要経費は、確定申告の時に所得から差し引くことができるので、申告をする時にはもれなく経費を計上するようにしましょう。

さて、そんなキャバクラですが、そもそもキャバクラに来るお客さんの目的は、一体何なのでしょうか?
セット料金数万円のお金が、たった数時間で消えていくこの商売。
お客さんは、一体何を目的にお店に来るのでしょうか?
そこを理解すれば、あなたも稼げるキャバ嬢になれるかもしれません。

キャバクラに来るお客さんは、はっきり言えば恋愛を楽しむためにきているのです。
恋愛といっても、疑似恋愛の方です。
お客さんの中には、その境が曖昧な人もいるので、色恋営業をする時には十分に注意が必要です。
できることなら、遊びだということを分かっているお客さんにターゲットを絞って、営業を仕掛けて行くようにしましょう。

一時的なナイトワークにはヘルプもおすすめ

あと、キャバクラにはヘルプという制度もあります。

キャバクラの求人に応募して面接をすると、まず最初に行うのが体験入店です。
体験入店の時には、指名を受けているキャバクラ嬢の、ヘルプとしてお客さんの席に同席することになります。
このヘルプが問題なくできれば、次は本採用となり、お客さんから指名をもらえる立場になります。
とにかく指名をもらうまでが大変なので、最初のうちはそれほどびっくりするような金額を稼ぐことは難しいかもしれません。
ですが、慣れれば一般のサラリーマンでは稼げないような金額を、短期間で稼ぐことができますので、稼げる希望のある仕事になるかと思われます。
お店によってはノルマが厳しいところだったり、ほとんどノルマがない店だったりと、営業形態が違いますので、あまり競争が苦手な人は、ノルマの優しいお店を選ぶ必要があります。

ラウンジという形態を取っているお店であれば、お客さんに対しての担当制になりますので比較的、マイペースに働くことができます。
担当制というのは指名性のように歩合は付きませんが、顔見知りになったお客さんの席についてお酒の相手をするような感じです。
基本的にはラウンジを運営しているママさんは、元ホステスであることが多く、お店の年齢層も高いためある程度年齢を重ねている人向けの求人になります。
このような求人情報は、ナイトワーク専門の求人サイトにたくさんの件数が登録されています。
サイトを有効活用して、自分に合った営業形態のお店を探すようにしましょう。

女性向けナイトワーク | 07月13日更新